トップへ » 当院の5つの特徴 » 一般歯科(無痛治療)

治療が苦手な方も安心

一般治療

「痛いのはイヤ」「怖いのは苦手」という方はいらっしゃいませんか? 当院では、痛みや恐怖をなるべく感じさせない治療に取り組んでいます。

●注射の痛みを減らす表面麻酔
●痛みを感じさせない電動麻酔

歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔を注射しますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるでしょう。当院では、麻酔のときは、表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

また、事前に麻酔液を温めることで麻酔の不快感をなくし、電動麻酔器によって注入時の圧力を調節することもできます。

ただ、これらの工夫を施さなくても、当院のドクターは麻酔時に痛みを感じさせないテクニックを有しています。患者さんのご希望にあわせて、痛みを抑えるさまざまな方法をご用意しています。ぜひ、お気軽にご相談下さい。

表面麻酔
麻酔を使用するときには注射のチクッとした痛みを感じます。その痛みを軽減するために、表面麻酔を使用します。表面麻酔とは、歯ぐきに麻酔剤を塗ることで麻酔効果をもたらす方法です。

電動麻酔器
麻酔注入時の痛みの原因は、圧力にあります。電動注射器を使えば、コンピュータ制御で麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入することができます。そのため、麻酔のイヤな痛みや不快感を和らげることができます。

なるべく削らない治療

一般歯科虫歯治療では予防の一環として、虫歯になる可能性がある健康な部分まで削り取ることがあります。さらに、治療後に痛みが出る可能性がある場合は、神経を取ることもあります。これらは虫歯の再発や詰め物が外れるなど、治療後のトラブルを避けるために必要な処置です。

しかし、歯は一度削られると二度と元通りにはなりません。また、神経を取った歯は健康な歯に比べて歯の質が弱くなります。そのため、当院ではできるだけ削る量を少なくする治療を心がけています。歯の負担を減らし、歯の寿命を延ばすように心がけています。

レーザー治療

一般歯科当院では、最新治療でもあるレーザー治療をおこなっております。レーザーを用いることで、安全かつ痛みの少ない、やさしい治療が可能になりました。レーザー治療により以下のような方々の治療に効果が期待できます。

●歯槽膿漏(歯周病)の方
通常の治療と比べ、約3~6倍早く治療を終わらせることも症例により可能です。通院期間を大幅に減らすことができます。

●歯の神経を抜いた方
歯の神経を抜いたあと、レーザーをあてることにより、殺菌・消毒を行うことができます。


トップへ » 当院の5つの特徴 » 一般歯科(無痛治療)


コールバック予約

PAGE TOP